Connecting...

Back to articles

[シンガポール就職・転職 Q&A]シンガポールでの就職活動に関して(応募~内定)

Posted 6日 前 by JAC Recruitment Singapore

W1siziisijiwmjavmdyvmjuvmtqvmjivndmvotu0l3npbmdhcg9yzv9rqv8yxzeuanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilci4mdb4mzuwiyjdxq

JAC Recruitment Singaporeでは、これまでシンガポールでの就職・転職活動に関して、
​数多くのお問い合せをいただいてきました。
今までに寄せられたご質問の中で特に多かった内容を3つのカテゴリーに分類してご紹介していきます。
これからシンガポールで就職を検討している方にとって、参考になれば幸いです。

※新型コロナウイルス感染症の影響も踏まえた現在(2020年6月)の状況をご案内しています。

カテゴリー別「よくある質問」
第一弾:シンガポールでの就職活動に関して(検討~準備)★第一弾はこちらをご覧ください。
第二弾:シンガポールでの就職活動に関して(応募~内定)
第三弾:シンガポールでの就職が決まった後(退職~入社)

今回は、第二弾:シンガポールでの就職活動に関して(応募~内定)をご案内いたします。

下記以外のご質問もお気軽にお問い合わせください。
Email:jac@jac-reruitment.sg またはこちらのフォームからお問合せください。

次回は、第三弾:シンガポールでの就職が決まった後(退職~入社)をご紹介します。

第二弾:シンガポールでの就職活動に関して(応募~内定)

Q1. ご紹介いただいた求人の複数ポジションに興味があります。同時に複数の企業様の面接を受けても問題ありませんか?
Answer:
同時に複数の企業様・ポジションに応募しても問題ありません。しかし、選考が同時進行すると、本当に入りたい会社が分からなくなってしまったり、スケジュール調整が難しくなってしまう場合もありますので、どの企業様のどのポジションを受けているか、ご自身でしっかりとスケジュール管理していただく必要はあります。

Q2. シンガポールに渡航せず、オンライン面接および電話面接のみで内定を得ることはできますか?
Answer:
企業様により、1次面接のみオンライン面接で対応していただけるところもありますが、2次面接や最終面接の段階に進まれた際は、実際にシンガポール現地で対面面接を希望される企業様もございます。ただ現在のCOVID-19の関係で柔軟に対応いただける企業様も増えつつあります。

Q3. 面接時の服装について教えてください。ジャケットはいりますか?
Answer:
面接は日本同様、スーツが好ましいです。ジャケットは羽織る必要はありませんが、日系企業様の場合は、ジャケットがあればお持ちいただいた方が良いです。
現在COVID-19の関係で、オンライン面接を実施される企業様が多いですが、その際も基本的にスーツをお勧めします。面接官はオンライン面接であっても服装まで見ていますのでカメラに映らない部分も含め、ビジネスに即した服装を心掛けましょう。

Q4. 面接のための渡航費用に関して
Answer:
現地採用の場合、基本的に面接のための渡航費・滞在費はご自身での負担となります。
現在はCOVID-19の関係で、シンガポールに入国することが原則禁止されているため、オンライン面接で1次面接~最終面接まで進むことが多いです。
*企業様により最終面接だけはシンガポール現地で対面面接を希望される場合があります。その場合は、入国規制が緩和されてから最終面接に進めるかたちとなります。(2020年6月現在、入国規制緩和時期は未定)

Q5. 面接で聞かれる質問はどのような内容でしょうか?
Answer:
シンガポールでは一般的に下記のような質問が多い印象です。
●自己紹介、今までのご経験(学歴・職歴)
●なぜシンガポールで働こうと思っているのか
●企業・ポジションへの志望動機について
●今までの仕事での実績や成功体験
●今までの仕事で大きな失敗やミス
●どのような時に仕事のやりがいを感じるか
●これまでの経験・スキルを応募している企業で活かすことができるか
●ご自身の強みや弱みについて
●今後のキャリアプランや将来の夢

はじめて英語面接を受ける方、また最近英語を話してなかった方は、面接で話す内容をまとめて事前に用意しておくとよいでしょう。作成した文章を声に出して読んでみるなど発音を含めて練習しておくと、苦手意識が減ると思います。英語面接にご不安がある方は、弊社コンサルタントへご相談ください。

Q6. 複数社から内定をいただいたのですが、どの企業にしようか悩んでいます。どうしたらよいですか?
Answer:
入社後に後悔しないためにも、まず転職先に求めるご自身の条件軸を再度見直しましょう。実際に面接を受けた中で、“自身が求める仕事内容“ ”社内の雰囲気“ ”お会いした採用担当者の雰囲気“ ”給与や福利厚生“ などから、ご自身が優先する条件に合った企業はどこか、ご自身の実力が発揮できそうな企業はどの企業・ポジションだったか、「自分が企業を選ぶ際に重視する点はXXXXである」と言語化し、明確にすることが重要です。判断に迷いましたら、JAC Recruitmentへご相談ください。ご自身の今までのご経験・ご志向をお伺いし、今後のキャリアプラン・強みなどを踏まえ、アドバイスいたします。

Q7. シンガポールでは日本のような健康保険はありますか。またシンガポールの保険は加入は可能ですか。
Answer:
シンガポールでは日本の健康保険は原則適用されません。
通常、シンガポールの企業では「医療手当(Medical Allowance)」とよばれる福利厚生があります。
企業様によって、年間の負担保険額は異なります。平均的にS$500~1,500まで負担されます。(上限がない企業様もあり)
また企業様によっては、20~30%はご自身の負担となる場合もあります。

※年間の負担保険額は各企業様により異なりますので、もし保険額が低くて心配な場合や慣れない土地で不安な場合は、最初の1、2年はご自身で(日本で)海外旅行保険に加入されていらっしゃる方もいるようです。

①海外旅行保険の場合:
日本国内の保険会社から加入いたします。
年間10万円前後のパッケージで医療費負担(キャッシュレス)のものなどもあります。

②シンガポールでの医療保険に加入する場合:
日本の海外旅行保険と異なり、キャッシュレス・医療費負担なしよりも、自己負担が1-2割程度となる保険が一般的です。

※ご参考まで【日本とシンガポールの福利厚生に関して】








Q8. シンガポールの給与相場を教えてください。
Answer:
※シンガポールは日本のように源泉徴収はなく、月額給与がS$3,500 の場合、手取りもS$3,500となります。
(S$≒シンガポールドル / 1SGD=77円   ※2020年6月現在)







●ボーナスは年に1~2回支給(金額は、業種や企業・個人の業績により異なる) 
●初年度はボーナス支給対象外となることが多いが、2年目から支給されることが多い
●シンガポールでは、AWS (Annual Wage Supplement)が支給される場合もある

お問合せ先

上記以外のご質問もお気軽にお問い合わせください。
Email:jac@jac-reruitment.sg またはこちらのフォームからお問合せください。


JAC Recruitment Pte.Ltd.(EA License: 90C3026)

Share this article