Connecting...

Back to articles

[シンガポール就職・転職 Q&A]シンガポールでの就職が決まった後(退職~入社)

Posted 3日 前 by JAC Recruitment Singapore

JAC

JAC Recruitment Singaporeでは、これまでシンガポールでの就職・転職活動に関して、数多くのお問い合せをいただきました。
今までに寄せられたご質問の中で特に多かった内容を3つのカテゴリーに分類してご紹介しています。
これからシンガポールで就職を検討している方にとって、参考になれば幸いです。

※新型コロナウイルス感染症の影響も踏まえた現在(2020年6月)の状況をご案内しています。

カテゴリー別「よくある質問」
第一弾:シンガポールでの就職活動に関して(検討~準備)★第一弾はこちらをご覧ください。
第二弾:シンガポールでの就職活動に関して(応募~内定)★第二弾はこちらをご覧ください。
第三弾:シンガポールでの就職が決まった後(退職~入社)

今回は、第三弾:シンガポールでの就職が決まった後(退職~入社)をご案内いたします。

下記以外のご質問もお気軽にお問い合わせください。
Email:jac@jac-reruitment.sg またはこちらのフォームからお問合せください。

第三弾:シンガポールでの就職が決まった後(退職~入社)

Q1. シンガポールで就職が決まり、現在就労ビザの申請中です。現職先へ退職を申し出るタイミングを教えてください。
Answer:
シンガポールでは就労ビザ申請から承認されるまで、一般的に2~4週間要します。ビザが承認された後に、現職先へ退職を申し出されることをお勧めします。

Q2. 現職先にはどのように退職理由を伝えたら良いでしょうか?
Answer:
現職の不満点などネガティブなことを伝えるのではなく、退職理由として「現在の仕事とは違う分野で、新たな経験を積みたい/挑戦してみたい」という前向きな意向を伝えましょう。また、これまでお世話になったことに対する感謝の気持ちを表すことも大切です。退職後も何らかのつながりを持ったり、仕事で再会する可能性も有ることを考慮し、誠意あるコミュニケーションを心がけましょう。

Q3. いざ退職を申し出ようと思い、考えはじめたら迷ってしまいました。本当に転職してよいのでしょうか。
Answer:

迷い始めたら原点に立ちかえりましょう。退職交渉の苦労、現職の引き留め、家庭のご事情などから、気持ちに迷いが生じることはあると思いますが、その際には「なぜ転職をしようとしたのか」を整理しましょう。それでも結論が出ない場合は、弊社コンサルタントへご相談ください。
現職を退職してまで、なぜ転職しようと思ったのか
転職し、次の企業で何を実現したいのか・できるのか 等

Q4. 現職先の退職日が決まりました。その後の流れを教えてください。
Answer:
内定先(企業)の入社日を決定し、現職にて業務引継ぎ⇒退職⇒シンガポールへ渡航⇒家探し⇒入社という流れになります。

Q5.就労ビザも承認され、実際シンガポールへの渡航が決まりました。渡航費用また初期費用はどのぐらいあれば問題ないでしょうか。Answer: 
目安40~60万円程(個人差あり)
●航空券(日本からシンガポールへの航空券代):50,000~100,000円  *フライト時期により変動
●ホテル滞在費(物件が見つかるまでの約1~2週間):60,000~120,000円程
●家賃+契約手数料(家賃2~3ヶ月分程):月100,000円前後+家賃の1~2か月分
●1ヶ月分の生活費(食費、生活用品、交通日等):100,000円前後
シンガポール渡航前にウエブサイトなどでいくつかお部屋をチェックしておくと、渡航から実際に物件が見つかるまでの時間を短縮することができます。

Q6. シンガポールで現地採用での就労がきまりました。一般的に日本の住民票はどうしていますか?
Answer: 
長期的に海外で就労される場合は、海外転出届を提出される方が多いです。
[海外転出届を提出した場合]
●住民税の納税義務がなくなる (翌年から)
●国民健康保険の加入義務がなくなる
●国民年金への加入義務がなくなる(任意加入は可能)

[海外転出届を提出しない場合(住民票をおいたままの場合)]
●住民税の納税が必要
●国民健康保険は加入義務がある
●国民年金は加入義務がある

[海外転出届の手続き方法]
届出場所:住民票を置いてある市区町村の役所
届出期間:出国の14日前から受付可能
必要書類:申請書・パスポート

★ご就職先の企業様の福利厚生や待遇により、海外転出届を出されるか否かを決定しても良いと思います。

Q7. シンガポールで家を借りる場合、家賃はいくらぐらいでしょうか?
Answer:

日本人がシンガポールで家をレンタルする際は、シェア(間借り)をする方が多いです。ユニットレンタルをする方もいらっしゃいますが、シンガポールは日本と比べると非常に家賃が高く、独身の方の場合は、シェアするケースが多いです。

住宅様式としては、コンドミニアムとHDB(公営住宅)があります。(一戸建てもありますが、少ないです)

①コンドミニアム:
高層でプールやジム、テニスコートなどの共用施設が充実した高級マンションです。セキュリティもしっかりしており、安心。クーラー、冷蔵庫、洗濯機、ベッド、ソファ、テレビなど生活に必要な家具が付いていることが多いです。

【シェアで借りる場合の一部屋の値段】※目安
マスタールーム: SGD1,000~2,000、 コモンルーム: SGD800~1,500
その他、PUB(光熱費)がSGD50~100くらい追加されることもあります。

 
②HDB (公営住宅):
施設はコンドミニアムに劣ることも少なくありませんが、立地が優れていたり、スーパーや食堂など日常生活に必要な施設が敷地内にあることが多く、非常に便利な物件が多いのが特徴です。

【シェアで借りる場合の一部屋の値段】※目安
マスタールーム: SGD800~1,200、 コモンルーム: SGD600~1,200
その他、PUB(光熱費)がSGD50~100くらい追加されることもあります。

※家賃は地域、築年数などにより異なる

Q8. シンガポールでの1か月の生活費(食費・物価)を教えてください。独身1人の生活費が知りたいです。
Answer:

別途、掲載しているページがありますので、こちらをご覧ください。

お問合せ先

上記以外のご質問もお気軽にお問い合わせください。
Email:jac@jac-reruitment.sg またはこちらのフォームからお問合せください。​
JAC Recruitment Pte.Ltd.(EA License: 90C3026)

Share this article