Asia HR Strategy1.jpgジェイ エイ シー リクルートメント シンガポールでは5月19日(金)に組織・人事コンサルティング会社のBeyond Global と共同で人事セミナー「経営現地化の現状と課題」及び「ビザ厳格化時代の組織マネジメントとは」を開催しました。

ジェイ エイ シー リクルートメント グループでは、香港や中国本土、インド、東南アジア諸国連合(ASEAN)各国で事業展開する日系企業(756社)を対象として、現地化に関する調査を行い、「アジア人材戦略レポート2017」として纏めました。

本アンケートの責任者であるジェイ エイ シー リクルートメント ジャパンの海外進出支援室 室長(佐原)を招聘し、調査結果をもとに、「1.各社の経営現地化の現状と今後の展望は?」「2.アジアにおいてどのような人材確保や人材採用を行っているか?」「 3. 人材育成における具体的事例紹介。」に焦点を当て、在アジア日系子会社のコア人材確保・現地化戦略について発表しました。 

尚、シンガポールオフィスのコンサルタントによる経営現地化についての各社ケーススタディや、現在のシンガポールにおけるビザの現状について説明させていただきました。

ビヨンドグローバル社のジェネラルマネージャであるサンディ齊藤氏よりビザが厳しくなっている時代の組織マネジメントについてのプレゼンを行っていただきました。

当日は約90名の方々にご参加頂き、セミナー後のアンケートでは、「ローカル化・グローバル化を進めていくかを改めて考えるキッカケになった。」「他社の事例が興味深かった。」「海外における人事部強化の必要性を強く感じた。」など、好評頂きました。

今後も当社は現地化を進める各社を人材採用の側面よりサポートしていきます。また定期的にセミナーも開催する予定がありますので、適宜、HP等で告知していきます。


セミナー資料をご提供いたします

当日のセミナーにお越しいただけなかった方、上記の内容にご興味のある企業の方はジェイ エイ シー リクルートメント シンガポールまでお問い合わせいただくとセミナー資料、プレゼンテーション(ジェイ エイ シー リクルートメントのみ)をご提供いたします。

E: 永見 (ayumi.nagami@jac-recruitment.com)
T: +65 6224 6864