2019/2020年のNational Wage Council・全国賃金評議会(NWC)
ガイドラインが
5月末に更新されました。
下記ジェイ エイ シー リクルートメントによる日本語の要訳となります。


National Wage Council・全国賃金評議会(NWC)
ガイドライン 2019/2020


2018年度の経済情勢と労働市場


2019年度の予測
シンガポールの経済成長:1.5 ~ 2.5%
インフレーション率:0.0 ~ 2.0%

■2019ー2020年のNWCガイドライン

トレーニングの推奨
ビジネス変換・スキルアップにより生産性を高める

NWCは、賃金の伸びは、事業の変革と労働力の再スキル化に基づいた生産性の
伸びによって支えられると考えており、全ての雇用主が従業員に対して体系的な
トレーニングを提供することを推奨。

雇用主は、トレーニング計画をたて、実行するために、シンガポール国民雇用者連合
(SNEF)、シンガポール経済連合(SBF)、労働組合と商工会議所(TAC)、
および組合の支援による従業員に利用可能な広範囲のSkillsFutureと
Adapt&Growプログラムを利用しても良いとされる。
雇用主は、生産性向上策を実行し続け、より良い賃金とスキルを目指して努力するべき。

全ての被雇用者のための賃金ガイドライン(推奨)
NWCは、賃金上昇が持続可能で公正である必要を再確認しており、
それが雇用主の業績、生産性の向上、そして従業員の貢献に見合ったもので
なければならない。

良好な業績を上げている雇用者は、実績と従業員の貢献に見合った、
賃金上昇と変動給で報いるべき。
充分に成功しているが、不確実な見通しに直面している雇用主は、賃金の上昇を
緩和する可能性があるが、それでも業績と従業員の貢献に見合った変動報酬で
報いるべき。
充分に成果を上げておらず、不確実な見通しに直面している雇用主は、
賃金の抑制を行使する可能性がある。
これらの雇用主は、特に従業員の能力向上に投資することによって、
ビジネスプロセスと生産性を向上させるためにより大きな努力を払うべき。

NWCは、生産性の伸びは2017年の3.9%から2018年には2.4%に鈍化したと
指摘している。 そのため、NWCは、2018年に生産性の向上を達成した
すべての雇用主に、一時的な支払いを通じて利益を従業員と共有することを推奨。

低賃金労働者への賃金ガイドライン(推奨)
低賃金労働者に高率の昇給を与えるため、NWCは、雇用主が低賃金労働者に
対し金額と割合の形で昇給を認めることを推奨。
毎月の基本給が最高1,300ドルに達する居住者の割合は、2017年の9.2%から
2018年には7.9%に減少したと推定。 1,300ドルから1,400ドルへの昇給を推奨。

雇用主は最低賃金の労働者に50ドルから70ドルの昇給、基本月給を
1,400ドルとして推奨。
2018年に生産性向上を達成した雇用者は、最低賃金の労働者に200ドルから
360ドルの一時的な支払いを提供し、基本月給は最大1,400ドルとなる。
雇用主は、スキルと生産性に基づいて合理的な賃金の引き上げおよび/または
一時的な一時金を、1,400ドルを超える収入のある低賃金の労働者に付与。

レコメンデーションの実施
これらのガイドラインは、公共部門と民間部門の両方において、すべての従業員、
すなわち、非組合および非組合の企業における、専門家、管理職、役員、
技術者および一般従業員に適用。
また、再雇用された従業員にも適用。

賃金交渉を円滑にするために、雇用主は会社の賃金情報、業績、見通しなどの
関連情報を組合と共有するべきである。
NWCは、ガイドラインを実行する際に困難に遭遇した雇用主に、その問題に
取り組むために、雇用主の協会や組合と協力するよう奨励。

第2部 - 公正で進歩的な実践に関する勧告

アウトソース(外注労働)における低賃金労働者
外注サービスの購入者(「サービス購入者」)
人員ではなくサービスレベルの要件を指定して、結果ベースの契約を採用。
必要に応じて契約金額を調整できるようにして、サービスプロバイダが年次賃金の
調整と年次賃金補足(AWS)を提供できるようにする。

外注サービスの提供者(以下「サービス提供者」)
複数年契約を含む、NWCの賃金推奨を入札価格に考慮。
年間契約賃金および労働者が新しい契約を締結するためのAWSを考慮。
雇用契約が提示または更新されたときに、外注した労働者の賃金と手当を
改善するために、サービス購入者を引き付ける。

外注サービス購入者と外注サービス提供者の両方
契約を更新または引き継ぐ際の現職労働者の勤続年数、経験および実績を確認。
サービスプロバイダーが変更されたときに同じ職務を遂行する外注労働者の賃金や
手当の「リセット」を避ける低賃金労働者の労働環境を改善。
まず、外注された労働者が安静を促進するために適切かつ妥当な休憩スペースを
用意することから始める。

革新的な賃金モデルProgressive Wage Model (PWM)

NWCは、清掃、安全保障および景観維持の各分野において政府が実施する
PWMの推進における三者間の努力を支持。
2020年から、最低2週間の基本月給の必須PWMボーナスも、
対象となる清掃業者および景観維持管理職員に導入された。


高齢者の雇用
NWCは、高齢労働者に関する三者ワークグループは、引退年齢は依然として
妥当であり、62歳を超えるべきであるとの合意に達したと述べている。
再雇用年齢は依然として妥当であり、67歳を超えて上昇する。
これらの変化に備え、雇用主が高齢労働者の経験を活用できるようにするために、
雇用主は以下のことを行うべきである。

可能であれば、法律に先立ってより高い退職年齢および
再雇用年齢を自主的に採用する。
高齢労働者が彼らの仕事を効果的に遂行するために必要な訓練を提供する。
パートタイムの雇用機会を増やすなど、労働構造の柔軟性を高める。
高齢労働者のニーズを満たす職場保健プログラムを実施する。
仕事、職場、人事方針を年齢に優しいものに変更。

柔軟な作業手配
雇用主は、さまざまな職場慣行の中でも、柔軟な労働の取り決め
(flexible work arrangements =FWA)がスタッフの定着に
最大の影響を与えることを認識しなければならない。
経験豊富で従事した労働者を維持するために、雇用主は以下のことを行うべき。
ー従業員にFWAを提供。
ー提供されているFWAの種類、要求するプロセス、およびFWAの責任ある
 使用について、従業員に知らせます。
ーFWAの要請が認められない場合、監督者は理由と可能な場合には
 雇用主と従業員の両方のニーズを満たす
ー適切な代替案について従業員に働きかけるべき。
ー従業員がFWAを採用するのを支援する職場風土を推進する。
________________________________________

*JAC Recruitment Singaporeによる要訳
                 2019年6月11日


尚、原文をご確認されたい方はこちらからご覧ください。



御社のご採用に関するお問い合わせ
■ シンガポールでのご採用ニーズに関してご相談されたい
企業の方はジェイ エイ シー リクルートメントまでお問い合わせください。
弊社のコンサルタントからご対応させていただきます。
E: 永見 (ayumi.nagami@jac-recruitment.com)
T: +65 6411 0332


参照
https://www.singstat.gov.sg/-/media/files/news/gdp1q2019.pdf