外国人がシンガポールで就労する場合、就労許可証、または就労を制限しない在留許可証の取得が必要です。就労許可証は政府機関の人材省(MOM / Ministry of Manpower)が管轄しています。就労許可証は採用決定後に就職先の企業が申請手続きを行います。個人で採用決定前に取得することはできません。

■ 主な就労許可証

対象者
エンプロイメントパス / Employment Pass (EP) 月額固定給S$ 3,300以上
Sパス / S Pass 月額固定給S$ 2,200以上
家族帯同許可証 / Dependant's Pass (DP) + LOC (Letter of Consent) 月額固定給S$ 5,000以上のEP保持者の配偶者

【エンプロイメントパス(EP)について】

専門職、管理職、エグゼクティブ職に就く外国人の間で一般的なEPは、月額固定給・役職により3カテゴリーに分かれています。

P1 Pass - 月額固定給 S$ 8,000以上・管理職・技術者・専門職

P2 Pass - 月額固定給S$ 4,500以上・管理職・技術者・専門職

Q1 Pass - 月額固定給S$ 3,300以上

※EPは学歴、年齢、国籍、民族、職歴、役職などが総合的に評価されて発給の可否が決まるため、給与の要件を満たせば必ず取得できるというものではありません。

【S パスについて】

S パスの場合、シンガポール人またはシンガポール永住権保持者の雇用人数によって、企業ごとにS パス枠で雇用できる人数に制限があります。S パス発行枠がない場合、S パス枠での雇用はできず、EPで就労許可がおりる方のみの雇用となります。またSパス枠での雇用には雇用主が人頭税を政府に支払う必要があります。近年EPの発給許可が下りにくくなっている中、どうしても日本人含む外国人を雇いたいという企業も多く、Sパスでの雇用数が増えてきています。

【家族帯同許可証(DP)について】

月額固定給がS$ 5,000以上のEPまたはS パス保持者の「配偶者」と「21歳未満の未婚の子供または養子」に対してDPを申請することができます。DP保持者が就業する場合には、DP保持者の配偶者がEP保持者であることと、雇用主がMOMに対して就労許可(Letter of Consent、通称LOC)を申請する必要があります。Sパス保持者に付帯するDP保持者は就労不可となるため、ご注意ください。

【その他】

これらの就労許可証の他にも、起業家パス(Entre Pass)、ワークホリデーパス(WHP)などがあります。永住権(PR)保持者はシンガポールでの自由な就労が認められています。

人材開発省ホームページ参考 http://www.mom.gov.sg

■ あなたのビザ取得の可能性を確認することができるサイト

MOMが所轄する以下のサイトにて、確認することが可能です。

http://sat.mom.gov.sg/satservlet

ご本人の職務経験年数、大学名、見込み給与などを入力すると、S パスまたはEPのどちらのビザで下りる可能性があるのか判定されます。見込み給与を変えて何度も試すことで、いくらの給与であればEP取得できる可能性があるのか調べることができます。実際の申請結果と異なる場合もありますので、結果はこれに限りませんが、一つの目安としてご利用ください。

■ 短大・専門・高校卒でもビザは下りる?

短大・専門・高校卒の方から、上記の質問をよくいただきます。

Sパス枠であればビザ取得できる可能性が高いので、S パス枠を保持している企業を狙って応募していきましょう。S パス枠の有無については、転職エージェントかその企業に直接確認するのが最も確実な方法です。

自己応募などで会社を選ぶ際の大きなポイントは、①シンガポール人及び永住権を保持している社員数が多いか。②既存企業or新規立上げ企業か、の2点です。その企業にシンガポール人や永住権を持った従業員が5~7名(業界によって異なる)いると、S パス枠を1つ獲得できるという規則になっています。その為、シンガポール人及び永住権を保持している社員数が多い企業はS パス枠を保持している可能性が高く、社員数が少ない新規立上げ企業はS パス枠を保持していないケースが多いです。

シンガポール人を多く雇用する企業、社員数が10名を切らない企業を目安にご検討下さい。

また看護師・美容師・調理師・エンジニアなどの専門職の場合は例外的に、役職・給与・経験年数によりEPを取得できる可能性がございます。

■ ビザ申請にはどれくらい時間がかかる?

通常、申請後 数日~1週間程度で結果が届きます。最短で午前中申請、その日の午後に結果の発表というケースもございます。